2人の女性と手

傷跡の治療について

傷跡について

私達は日々の生活を送る上で、たまに怪我等をしてしまう事があり、傷が回復しても患部に傷跡が残る事があります。こうした傷跡は色素沈着という形で現われる事が多く、自然に消える可能性は低く、長年に渡って残ってしまいます。 この傷跡が洋服等で隠せる位置に出来たのならまだ良いのですが、他人の目に触れる位置に出来ると気になってしまう事もあります。こういった事は人によっては深い悩みの種となる事も少なくなく、何とかして消そうとする人も多くいます。 そうした悩みを解消するために様々な方法がありますが、中でもレーザー治療という方法がよく知られています。レーザー治療による傷跡の除去は、高い効果を期待出来る治療方法として注目されていて、実際に治療を希望する人も多いです。

治療方法等について

傷跡のレーザー治療とは、簡単に言うと患部に専用のレーザーを照射する事によって、傷跡を消してしまうという方法になります。この時に使用するレーザーにはいくつかの種類があり、代表的なものとしては細胞の活性化を促すもの等があります。傷跡の状態等を確認した上で、その患者の患部に最も合ったレーザーを使う事で、効率的に治療を行ないます。 レーザー治療の具体的な流れとしては、まずは診察をする事から始まり、患部の状態の確認等をして治療方法を決定します。実際に治療でレーザーを照射する際には多少の痛みを伴う事もありますが、現在は多くの病院で部分麻酔等を施してくれます。レーザーの照射時間はとても短く、数分で終了する事も多く、この短時間で治療が終わるのもメリットの一つとなっています。